11/14 22:45  BTC/JPY  941,764円 (-0.72%)
 

xCurrent(エックスカレント)の最新ニュースやみんなの評判をまとめたページです。公開:

xCurrent(エックスカレント) 評判/評価

 おもな話題:ODL,送金,RippleNet,流動性

「話題のツイート」を優先的に新着順で表示しています。

  • つか書いてて思ったけどPayPayがMoneyTapのインフラ使うって普通に凄くない?
    これRCクラウドだろうし、要はxCurrentだからね
    XRP使う使わないじゃなくて、(まぁ当たり前だろけど)PayPay側がRippleNetが基盤になっていることを知ったうえでの提携やで?
    PayPayでもし海外の決済ができる時が来たら?  
  • 旧xCurrentは銀行がRippleNetの流動性プロバイダーになるための製品。旧xRapid(ODL)は取引所が流動性プロバイダーになるための製品。ODLで言う流動性プロバイダーには2種類あります。一つはODLのコネクターを運用する取引所。もう一つは市場にXRPの流動性を供給するマーケットメイカー。  twitter.com/Casper_XRP/status/11...
  • ⑨Coinone、xCurrentを取り入れてからトランザクションも上昇
    ⑩MoneyGramとVISAでアメリカの顧客のデビットカードに送金できるサービス
    ⑪XRP MEETUP JAPANを楽しみにしているみなさんへDavid氏から一言
    ⑫あれから2年経つXRP MEETUPに同じくウォーレン氏がやってくる
    3/3  
  • xCurrentを取り入れてからトランザクションも上昇しています。  
     
  • おさらい
    全体像として「RippleNet」という送金プラットフォームがある
    その中で流動性のオプションとしてODLを選ぶことが出来る。これが旧xRapidのこと
    Prefundingでの送金をする場合もメッセージング等の部分は以前と同じ。ここは旧xCurrent
    xCもいまは名称としては残ってない(はず)
    こうです  
  • 新たにODLを利用発表した
    ・ペルー大手銀行Interbank
    xCurrentを利用していたが、年内にもODLへ切り替える
    ・オーストラリア決済企業FlashFX
    オーストラリア・フィリピン間の国際送金でODL利用
    フィリピン人の多くの移民がおり、高い国際送金需要がある
    今後は対象国を拡大
    これは凄い!しかし価  
  • イメージとしては、コリドー(いわゆるXRPの流通経路)が整っていないエリアでの送金を検討している金融機関の「RippleNetに参加」がxCurrentオンリーで、コリドーの目処が付いてるエリアのとこの「RippleNetに参加」がODLなんだと思ってる。
    要は時間の問題  
  • 来年のSwellではODL導入機関が300+ぐらいになってるだろうな。xCurrentにxRapidが既に導入されていて、RippleNetに加入してる機関はそのままプラグイン追加すれば、ODL使えるわけだし。あとは取引所、流動性と現地規制当局の許可次第。  
  • リップル社の主要送金ソリューションはあくまでもODLですが、最近はxCurrent・ILPにも注目しています。
    まずは既存のシステムとの親和性が高いxCurrentを導入してもらい、その後より先進的なODLを訴求し導入してもらうというリップル社のツーステップ戦略は秀逸と言わざるを得ないと思います。  
  • リップルの技術を利用した送金アプリにPayPayが業務提携
    Money Tapは、「xCurrent」活用し、銀行口座から銀行口座への個人間送金を24時間365日リアルタイム行うことが可能
    口座番号、QRコード、電話番号を使って送金できる
    現段階ではXRPは利用されないがFXが絡めば
     www.sbigroup.co.jp/news/2019/103...
  • マネータップはxCurrent❓
    XRPとはどうつながっていくんだろう❓  
  • マネータップは「xCurrentの技術を使って」とは言っているが、「xCurrentを使って」とは言ってないから、XRPの流動性とはあんまり関係ない話なんだよね。  
  • 合ってるよ
    今は住信とスルガだけ…
    これからに期待したいね✨
    注目すべき所は、マネータップはリップル社のDLT(xCurrent)を基盤技術として銀行間の送金を低コスト&リアルタイムで可能としてるのね。
    この技術は日本だけでなく国際送金であっても同じ。
    この技術を使ってPayPayのインフラも…  
     
  • とんでもないよ!質問はお互いがより輝くために大切さ。
    ODLは要は外貨との両替システムだから、基本的に国内では不要だね!
    今回はxCurrentのシステムが活躍さ!  
  • マネータップ、paypayと提携!!
    >Money Tapアプリは、米国Ripple社のDLTである「xCurrent」を基盤技術とし〜
    >このたびの業務提携は、Money Tapの基盤技術をインフラとして活用した新たな取り組みとなります。
    paypayのインフラは言わばxCurrentである。と
    やばない?  
  • マネータップ社は、米国Ripple社の分散台帳技術(DLTを活用した送金アプリ「Money Tap」事業、ならびにDLTを活用した次世代金融インフラの構築を行うために設立。Money Tapアプリは、米国Ripple社のDLTである「xCurrent」を基盤技術とし、銀行口座から銀行口座への個人間送金を24時間365日リアルタイム  twitter.com/nikkei_michael/statu...
  • ここにxCurrentって書いてある!!!  twitter.com/michi_mita/status/11...
     
  • 【バンクオブアメリカ、リップル社のソリューションをテストした可能性が浮上】
    RippleのxCurrentに関するプレゼンテーションで、スライド「顧客のスナップショット」にバンクオブアメリカメリルリンチのロゴが表示された  cointyo.jp/article/10008405
  • 仮想通貨が未知のものだったので最初からシステムに組み込むと金融機関から敬遠されるのであえて別のものに見えるようにしたんでしょうねw
    そしてxCurrentが軌道に乗ってから、実はそのままxrpも使えますよっていう作戦
    策士ですなぁ  
  • 例えば途上国の会社がxCurrentのようなモデルでドル残高の流動性を供給するシステムを構築したとしても、「お前のところのドルなんか信用できない」なんて問題になるわけです。XRP担保のステーブルコインなら「うちのドルはXRPの裏付けあるよ」と言えますよね。それは実質的にはXRPのIOUだからです。  twitter.com/Casper_XRP/status/11...

xCurrent(エックスカレント) ニュース/2chまとめ/ブログ

「xCurrent(エックスカレント)」に関するニュースや、個人ブログ/2chまとめを表示しています。

  • すべて
  • ブログ
  • ニュース
  • 2ch

チャート(xCurrent(エックスカレント)のツイート数)

xCurrent(エックスカレント)に対する人々の興味や関心を可視化したツイート数の変動チャートです。

 読み込んでいます(表示まで時間がかかる場合があります)

“ビットトレンド”をスマホのホーム画面に追加しよう

  •  トレンドに乗り遅れない!
  •  楽しい話題を見逃さない!
  •  毎日、新しい発見と出会える!