6/18 05:50  BTC/JPY  1,002,741円 (3.45%)
  •  
     
    Bitcoinが無料で貰えます。
    初回 10,000 Satoshi が付与されます。
    応募
  •  
     
    もれなく20,000 Satoshi プレゼントキャンペーン
    ビットコイン 20,000Satoshi(およそ2000円分のビットコイン)をプレゼントいたします。
    応募
  •  
     
    キャッシュバック20%キャンペーン!
    集計期間内の全取引の Taker手数料の20%をキャッシュバック!
    応募
 

xCurrent(エックスカレント)の最新ニュースやみんなの評判をまとめたページです。公開:

xCurrent(エックスカレント) 評判/評価

 おもな話題:送金,銀行,XRP,利用

「話題のツイート」を優先的に新着順で表示しています。

  • 新規顧客がシステム統合するまでの時間が
    「たった数日」になったらしい。
    xCurrentがバージョン4になって統合が簡単になったとの情報があったけど、ここまで早くなるとは。。  twitter.com/Ripple/status/113709...
     
  • Rippleが新しい動画シリーズ
    『Pay Forward』開始さ!
    今回はUAE to Philippinesの送金
    着金時期が不明な現状、相手が何度も銀行に確認する不便さを紹介しているよ!
    そしてRippleはそんな顧客を助ける、という宣伝性もある素敵動画さ!
    実際SABBもxCurrentはその不便さを解決できると褒めていたね!  twitter.com/Ripple/status/114029...
  • XRPが流動性獲得に成功して
    最安&最速の送金を提案できれば
    xRapid, xCurrent, xViaの全利用者はほぼ自動的にXRPを使うことになるでしょう。
    以下、3つの製品の説明です。1/
    #peing #質問箱  peing.net/ja/qs/233266026
  • VISAが最近開発した、分散台帳技術を使った国際送金&決済ソリューション"B2B Connect"。
    これのやろうとしていることは、リップルのxCurrentに似てるかもしれません。
    もっと詳しく調べる必要がありますが。
     usa.visa.com/partner-with-us/pay...
  • 「ねじ込む」と書きましたが
    後半の米国→フィリピン間は
    xRapidでなくても従来決済ルートを使うことだって可能です。強制は全くありません。xCurrentを使う銀行の自由。
    でも送金者が遅くて高い方法をわざわざ選ぶ理由はありません。
    価格コムでわざわざ下位のお店を選ぶ人なんていないのと同じです。  
  • コルレス銀を使う限り資金の完全移動(セトルメント)はxCurrentでも遅いままです.
    xCurrentが速くできるのは
    ILPで仲介者を立て"ツケ/立て替え"で実行できるからです.(ペイメント)
    #peing #質問箱  peing.net/ja/qs/234635437
  • つまり送金の流れは以下のような物です。
    Step 1: xViaの企業が送金を依頼
    Step 2: xCurrent/xVia銀行が受注、ベストな送金提供者に送金指示
    Step 3: 選ばれたコルレス銀行や送金業者/銀行は指示通り実行
    この流れにおいて
    XRPがベストレートを提示できれば
    xVia/xCurrentがXRPを勝手に選びます。6/6  
  • SCB
    現在のところ、XRP を使用する予定はありません。
    サンタンデール
    誤った情報を与えてしまったという誤解によります
    xCurrent のみを使用します
    SendFriendさん、信じても、いいんですか♪  twitter.com/scb_thailand/status/... twitter.com/santanderukhelp/stat...
  • 【xRapid】
    ブリッジ送金専用ソフト
    xCurrentが扱う3種類の送金方法のうち③を担当.
    (正確には③ブリッジ方法には2種類あってxRapidはその内の1種類)
    取引所のトレード機能を有効活用↓
    1.取引所Aに入金。通貨A⇒XRPに両替
    2.XRPを取引所Bに送る
    3.取引所Bにて,XRP⇒通貨Bに両替、出金
    という流れ 5/5  
  • xCurrentペイメントはSWIFT GPIより速いと思われます.

    加ATB⇒独Reisebank間のペイメントは8秒
    日SBI Remit⇒タイSCB間も数秒
    とのことです.
    #peing #質問箱  peing.net/ja/qs/233995492
  • 【xVia】
    xCurrentの「おまかせコース」版。
    xCurrentがアレンジ機能だとすると
    xViaはアレンジは他人(=xCurrent銀行)に”おまかせ”。とにかく安く速く送金するためのソフト。
    xCurrentが注文を受ける側のソフトに対し
    xViaは注文を送る側のソフトと言える。一般企業や小規模の銀行が使う。4/  
  • xCurrentはこれらの送金方法の中から、各注文に合わせてベストな送金方法・送金ルートをアレンジします。
    必要なら①~③を組み合わせて送金するという手も使えます。(マルチホップ)
    したがってxCurrentの使い手は送金サービスを提供する比較的大規模な銀行など。3/  
  • ご質問の意味を理解したいのですが、ご質問の「リップル」とは何を指しますか?
    ①RippleNet
    ②xCurrent
    ③XRP  
  • 「リップル・ネット」にはネイティブ通貨XRPを利用しないxCurrentと、XRPを必要とするxRapidなどが含まれているが、現在では多くの金融機関は前者を利用しているが、「ブラジルとアルゼンチンの間におけるxRapidの決済ルートはすでに実現している。」とGarlinghouse氏が明かしており、仮想通貨XRPに関  twitter.com/coin_post/status/113...
  • xCurrentの強みは送金方法(ルート)は複数種類選べることです。
    ①SWIFTと同様、コルレス銀行を利用
    ⇒状況に応じノストロ口座を利用
    ②送金業者を利用
    ③xRapidを利用
    ④XRP保有する銀行(=両替役)を利用
    以上の中から好きなルートを1個選ぶ、あるいは複数組み合わせて使うことが可能です。3/3  
  • 分散台帳技術は複数意味があります
    1.Bitcoin,XRP等
    取引検証者が複数
    全員が全ての取引情報を共有&監視
    2.xCurrent
    1か所に集約された台帳が無い
    当事者だけ共有,P2P
    1/
    #peing #質問箱  peing.net/ja/qs/222650647
  • リップル社のプロダクトである
    xCurrent(潮流)
    xRapid(急流)
    xPool(そのまま)
    も水を掛けている。元素であるXRPをどういうスピード感を持って運用するかによって呼称を使い分けている。
    リップル社のマーケティング部のセンスはヤバイ笑  
  • ECB(EU版日銀)がRippleのxCurrentを採用するかもという話ですが、あくまでも噂です。今のところはね。  
  • R社からの発表が待ち遠しいですよね!
    しかし原文は長すぎ,難しくなんとなくしか理解できません
    以下はついでに参考✍️
    Ripple社と3年前から提携関係TAS GroupとECBはXRapid xCurrent、xVia、XRP搭載のRippleに注力しTIPSの発売
    ECB→2021/11月開始のRTGSシステムは
    TARGET2とTS2,TIPSの統合project  
    18日前 Ram 6 33
     
  • スマホ用送金アプリ「マネータップ」実店舗決済で実証実験開始|年内の本格サービスへ
    SBIホールディングスの子会社SBI Ripple Asiaは、マネータップで店舗決済が出来る実証実験を開始した。米Ripple社の分散台帳技術(DLT)である「xCurrent」を基盤技術としている。  coinpost.jp/?p=87032

xCurrent(エックスカレント) ニュース/2chまとめ/ブログ

「xCurrent(エックスカレント)」に関するニュースや、個人ブログ/2chまとめを表示しています。

  • すべて
  • ブログ
  • ニュース
  • 2ch

チャート(xCurrent(エックスカレント)のツイート数)

xCurrent(エックスカレント)に対する人々の興味や関心を可視化したツイート数の変動チャートです。

 読み込んでいます(表示まで時間がかかる場合があります)

“ビットトレンド”をスマホのホーム画面に追加しよう

  •  トレンドに乗り遅れない!
  •  楽しい話題を見逃さない!
  •  毎日、新しい発見と出会える!