6/18 05:59  BTC/JPY  1,005,897円 (3.61%)
  •  
     
    キャッシュバック20%キャンペーン!
    集計期間内の全取引の Taker手数料の20%をキャッシュバック!
    応募
  •  
     
    Bitcoinが無料で貰えます。
    初回 10,000 Satoshi が付与されます。
    応募
  •  
     
    もれなく20,000 Satoshi プレゼントキャンペーン
    ビットコイン 20,000Satoshi(およそ2000円分のビットコイン)をプレゼントいたします。
    応募
 

xVia(エックスヴィア)の最新ニュースやみんなの評判をまとめたページです。公開:

xVia(エックスヴィア) 評判/評価

 おもな話題:xCurrent,送金,XRP,銀行

「話題のツイート」を優先的に新着順で表示しています。

  • 【2018/1/11
    RippleとMoneyGramが支払いを近代化する為に提携】
    "Pilotは、デジタル資産XRPを使用してコストを削減し、支払い速度を高める
    MoneyGram(NASDAQ:MGI)と提携してXRPを試験運用
    この合意の一環として、両社はxViaを通じてMoneyGramとRippleのエコシステムとの統合も検討"  twitter.com/fame21moore/status/1...
    23日前 Ram 20 72
  • R社からの発表が待ち遠しいですよね!
    しかし原文は長すぎ,難しくなんとなくしか理解できません
    以下はついでに参考✍️
    Ripple社と3年前から提携関係TAS GroupとECBはXRapid xCurrent、xVia、XRP搭載のRippleに注力しTIPSの発売
    ECB→2021/11月開始のRTGSシステムは
    TARGET2とTS2,TIPSの統合project  
    18日前 Ram 6 33
     
  • つまり送金の流れは以下のような物です。
    Step 1: xViaの企業が送金を依頼
    Step 2: xCurrent/xVia銀行が受注、ベストな送金提供者に送金指示
    Step 3: 選ばれたコルレス銀行や送金業者/銀行は指示通り実行
    この流れにおいて
    XRPがベストレートを提示できれば
    xVia/xCurrentがXRPを勝手に選びます。6/6  
  • 【xVia】
    xCurrentの「おまかせコース」版。
    xCurrentがアレンジ機能だとすると
    xViaはアレンジは他人(=xCurrent銀行)に”おまかせ”。とにかく安く速く送金するためのソフト。
    xCurrentが注文を受ける側のソフトに対し
    xViaは注文を送る側のソフトと言える。一般企業や小規模の銀行が使う。4/  
  • xVia のAPIに惚れた。
    Webサービスからリップルネットに接続できちゃうだなんて!  twitter.com/ripplepandaxrp/statu...
  • RippleNetとは独立に、単独でxRapidを使う場合はxCurrentを使わずに送金できます。従来型。
    しかしxRapidがxCurrentと統合されRippleNet内に取り込まれた今、銀行がXRPを使うとしたらxCurrentやxViaを通してです。
    xCurrent銀行の所望の送金でxRapidが最安最速を提供できれば使われるでしょう。  
  • なお、このRippleNetの骨格はxCurrentというソフトウェアで繋がった機関によって形成されます。以下の図で言うと、緑線です。
    xRapid(オレンジ色)はRippleNet内での1パーツとして、通貨交換&移動の役を担います。
    ちなみに、xViaはこのxCurrentで形成されたRippleNetの窓口となるソフトウェアです。  
     
  • xVia の説明が後半にあり。
    Ripplenet 接続のAP Iなんですな、勉強になるし面白い物語だなぁ
     youtu.be/cGigM6zbto4
  • 紐解くニュース
    【リップルのパートナーに ” Xendpay”】
    その他↓
    ①XendpayはxViaのRationalFXと同じCEO
    ②243兆ドルの世界的な借金はBTCで解決?
    ③Coincheckのアプリでは画像をSNSでシェアできる
    1/2
     www.twinsnaoki.com/2019-04-05/
  • 新たなRippleパートナーXendpayさ!
    2011年ロンドン設立で、これまでに50億$超の送金量のようだね。
    面白いのは昨日話題になったxViaのRationalFXと同じCEOで、姉妹企業ということさ!
    2社で使いたくなるほど華麗な成果だったのかな。
    どんどん繋がっていくね!素敵さ!  twitter.com/marcus_treacher/stat...
  • 元々2018年にxViaの採用がRipple公式から発表されてる。
     ripple.com/ripple_press/ripple-g...
  • そしてxRapidの利用は未定みたいさ。
    xVia採用社の傾向をみると『xViaを使う』という表現はせず、単にxCurrent利用と表現するね。
    恐らくxViaを介してxCurrentを使うのかな!
    選択可能かはわからないけどね。
     twitter.com/RationalFX/status/11...
  • ここはxVia採用の所だね!
    期待してますぞ!
    (*ˊᵕˋ* )  twitter.com/RationalFX/status/11...
  • 【TAS GroupとECBがTIPSの発売を開始するにつれて、RippleのxCurrent、xVia、およびXRP搭載のxRapidが注目を集める】
     ambcrypto.com/?p=55635
     
  • 紐解くニュース
    【カナダCoinberryでXRPが取引開始へ】
    その他↓
    ①カナダの規制にもしっかり対応しているCoinberry
    ②WooCommerceで簡単にXRP決済ができるように
    ③Rippleの採用にxVia製品管理ディレクター
    1/2
     www.twinsnaoki.com/2019-03-19/
  • InstaReM CEOのインタビューさ!
    最近どう?
    →55ヶ国、8000+の銀行と提携し急成長。SWELLでRippleとのコラボ、Blockchain賞の受賞も節目
    crypto使う?
    →規制等で様子見
    でもRippleNetは銀行支払いより98%安く華麗
    InstaReMは積極的で嬉しいね!
    XRP利用BeeTechとの提携やxVia利用可なのも素敵さ!  twitter.com/Wire19s/status/11039...
  • 以前はxCとxRを分けて考えるのも良かったでしょう。
    でも今はその考え方はナンセンスです。確かにxRのみを採用する企業もあります。しかしRippleNetなんです。全てを包括してRN。
    そこに簡単に接続できるのがxVia  
  • xCでもxViaでも、どちらからでもxRでのXRP送金にアクセスできます。
    xCが法定通貨での送金でxRがXRPなんて考えは必要ありません。
    RippleNetで摩擦の無いシームレスな国際送金が行われる。
    これでいいんですよ。  
     
  • xViaのマークは「入る」の入。
    つまり、xRapidとxViaが繋がるということが意味するのは…
     twitter.com/CinnappleFun/status/...
  • 紐解くニュース
    【米送金業者Remitlyがリップル技術統合に意欲】
    その他↓
    ①RemitlyはForbesのフィンテック50にも選ばれるほどのユニコーン企業
    ②送金業務の競争が激しくなる
    ③xViaのFairFXが英中銀の決済口座アクセス権を取得
    1/2
     www.twinsnaoki.com/2019-02-19/

xVia(エックスヴィア) ニュース/2chまとめ/ブログ

「xVia(エックスヴィア)」に関するニュースや、個人ブログ/2chまとめを表示しています。

  • すべて
  • ブログ
  • ニュース
  • 2ch
    • 表示できる記事はありません

チャート(xVia(エックスヴィア)のツイート数)

xVia(エックスヴィア)に対する人々の興味や関心を可視化したツイート数の変動チャートです。

 読み込んでいます(表示まで時間がかかる場合があります)

“ビットトレンド”をスマホのホーム画面に追加しよう

  •  トレンドに乗り遅れない!
  •  楽しい話題を見逃さない!
  •  毎日、新しい発見と出会える!