8/17 21:40  BTC/JPY  1,103,933円 (1.96%)
 

スイフト(Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication SCRL)は本部はベルギーにある全世界の主要な銀行が参加しいる国際銀行間の送金手続きを行う際に利用される金融ネットワークシステムです。

「SWIFT(国際銀行間金融通信協会)」とは?スイフト(Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication SCRL)は本部はベルギーにある全世界の主要な銀行が参加しいる国際銀行間の送金手続きを行う際に利用される金融ネットワークシステムです。公開:

SWIFT(国際銀行間金融通信協会) 評判/評価

 おもな話題:国際,取引所,マネー,グラム

「話題のツイート」を優先的に新着順で表示しています。

  • SWIFTが数十秒で国際間送金に成功。
    SWIFTは既に大きなシェアを持っていて、彼らなりにサービス向上にも力を割いている。
    時間がかかればかかるほど、XRPの優位性が減じる。
    三菱重工の航空機みたいな感じ。あれも遅れに遅れてスペックの優位性が消えつつある。
     jp.cointelegraph.com/news/watch-...
  • SWIFTの国際送金数十秒って何が革新的なのかアホな私には全く分からない。もともとFAXみたいなやりとりが、自動処理されたぐらいのイメージで、根底のインフラは全く変わってないし。言うなれば、友達に予めお金を貸してて、その友達にLINEで1万円送った事にして、送金成功!とか言ってるレベルやん?  
  • FATFガイダンスのTravel Ruleに対応すべく、暗号資産版SWIFTの仕組みが作られていくと思う。枠組みから外れた取引所に対しては他の取引所から送金もできなくなりマーケットの構造が大きく変わると思う。
    仮想通貨、マネロン対策で国際連携 個人情報を共有  :日本経済新聞  www.nikkei.com/article/DGXMZO484...
  • 最終的にSWIFTを使ってバランスを保つのであればなぜ仮想通貨を間に挟む必要があるでしょうか? これは残念ながら誰も答えられないです。仮想通貨の運用が無料ならまだしも、ビットコインだけで年間数千億円の電気代がかかります。つまり、ネガティブキャリーです。  
  • 〝1 /コードリポジトリを読み、このスレッドで説明するいくつかのさらなる明確化があります。
    このスレッドの事前結論:
    CordaユーザーはSWIFTに支払いを送信でき、これらのSWIFT支払いの決済はXRPを介して行われます。〟  twitter.com/freedom94429944/stat...
  • 私の知る所で現在、暗号資産界隈で最も先端をいき、各国規制当局ともキチンと足並みをそろえている暗号資産を活用した国際送金エコシステムは、#xRapid を活用したもので、SWIFTから代わり得る存在であります。
    今後SWIFTと競合するものか統合されるのものなのかは末端の私には知り様がありませんが。  
     
  • MUFG+Akamai は決済速度2秒以下!
    XRP 終わった!
    そんな風に騒がれた時もありましたw
    なお、4秒と13秒では3倍以上の差がありますが、4秒も2秒も変わらない派の自分にとっては、数秒程度ならば同等の速度という感覚です。
    つまり、対 SWIFT において速度的な優位性は無くなったと考えられますね。  
  • SWIFTが本当に13秒で送金完了できたとしたら、その方法の詳細の解説ぜひ見たい。
    コストの面は課題あるだろうけど13秒なら相当競争力あるんじゃないか?  twitter.com/x_achilles/status/11...
  • これは合理的だし、アービトラージで儲かる可能性もありますが、結局フィアット(法定通貨)ポジションを外国で作ることになります。それを本国に戻すにはまた通常のバンキングシステム(SWIFT)を使わなければいけません。本末転倒です。  
  • 〝要約すると:
    1. CordaユーザーがAPIを介してSWIFTに支払いを送信する
    2.これらのSWIFT支払いの決済はXRPを介して行われる
    3. SWIFTがトランザクションハッシュをCordaに送り返す
    4. Corda / Userは、トランザクションハッシュがXRPL上で観察されることを確認する 〟  twitter.com/freedom94429944/stat...
  • 紐解くニュース
    【XRPミートアップに向けた “てにったー氏” によるQ&A記事】
    その他↓
    ①質問受付は、明日7月23日(火)19時迄
    ②質問は匿名で応募いただく形
    ③SWIFT、最速13秒のクロスボーダー送金に成功と発表
    ④仮想通貨税制に取り組んできたが残念
    1/2
     www.twinsnaoki.com/2019-07-22/
  • 仮想通貨だけでなく、SWIFTも。ハッキング対策は社会全体の課題 | FXcoin 仮想通貨情報サイト:先日、ロイターが報道した日本の財務省・金融庁が主導して「暗号資産版SWIFT」を創設する計画に関する…  news.fxcoin.jp/detail.php?id=869
  • マネーグラム国際送金取引高世界4位
    パウエルが高速送金の仕組みを作ろうとしたり
    SWIFTも進化しようとしたり
    リブラもあるし
    BTCもイランとかで使われ出してる
    つまり戦国時代にシェア総取りは難しい
    マネーグラムの時価総額は200億円とかだっけ
    最良のシナリオ考えてもXRPは1円未満になると思う  
  • SWIFT GPI って、原理上、各銀行のカウンターパーティーリスクが残存しているんだよなぁ…
    リーマンショックで銀行自体のカウンターパーティーリスクが炙り出され金融界全体に衝撃が走り、SWIFT型の送金システムの抱えるリスク回避を目的に、暗号資産開発が急激に進んだ歴史を、XRP投資家は忘れない。  twitter.com/coperu100/status/115...
  • 日本政府が仮想通貨版SWIFTの開発を主導していることが明らかに  crypto-times.jp/japan-to-develop...
  • 予想だけど例のSWIFTの即時送金については、対象通貨とか諸条件かなり限られると思う。
    XRPもそもそもニッチな通貨ペアからシェアを狙ってるし、とりあえず当面ぶつからずに進行して行くんじゃないかなーと、予想。  
  • SWIFTが国際送金を最短13秒で成功。
    Rippleにとっては結構痛い。
    オーストラリア、中国、カナダ、ルクセンブルグ、オランダ、シンガポール、タイの17銀行がプロジェクトに参加。
    ポイントはどこが参加してるか。
    リップラー大好きのSCBもちゃっかり参加。
    中国トップ銀行が前向きなのが痛いな。  twitter.com/coperu100/status/115...
    25日前 Guko 5 28
     
  • #SWIFT が国境間の即時送金トライアルを成功、オーストラリアーシンガポール間の決済は13秒で
    1973年設立のSWIFTは、銀行間の金融取引に関するメッセージの送受信を運用する企業です。同社は現在、200か国11,000以上の金融機関にメッセージングサービスを提供しています  cointyo.jp/article/10007631
  • [MIT Tech Review] 北朝鮮、サイバー攻撃で20億ドル稼ぐ=暗号通貨が標的に
    >北朝鮮のサイバー攻撃は主に2種類の形態を取っている。1つは、金融機関が海外送金で使うSWIFTシステムを狙ったもの。もう1つは、暗号通貨取引所やユーザーからデジタル通貨を盗み出すもの  bitpress.jp/count2/3_9_11032
  • この「国際送金補完計画」には、市場で自由に売買可能な暗号資産が必要不可欠だが、方法は2つある。
    1.SWIFT で独自通貨を開発する
    2.既存の暗号資産を SWIFT と融合させる
    苦戦中のリブラを見れば、開発よりも運用や規制への対応の方が難しい事がわかる。果たして SWIFT はどちらを選択するかな?  twitter.com/KAGIYA1000B/status/1...

SWIFT(国際銀行間金融通信協会) ニュース/2chまとめ/ブログ

「SWIFT(国際銀行間金融通信協会)」に関するニュースや、個人ブログ/2chまとめを表示しています。

  • すべて
  • ブログ
  • ニュース
  • 2ch

チャート(SWIFT(国際銀行間金融通信協会)のツイート数)

SWIFT(国際銀行間金融通信協会)に対する人々の興味や関心を可視化したツイート数の変動チャートです。

 読み込んでいます(表示まで時間がかかる場合があります)

“ビットトレンド”をスマホのホーム画面に追加しよう

  •  トレンドに乗り遅れない!
  •  楽しい話題を見逃さない!
  •  毎日、新しい発見と出会える!