8/25 22:11  BTC/JPY  1,080,270円 (2.14%)
 

みんなの反応 7

  • 通常、ノードが新しいトランザクションを受信すると、メモリプールに追加され、今後のブロックに含まれる候補になる。このメモリプールに受け入れる際に、sigopsの数=署名操作の数がカウントされる。sigopsを制限するのは、署名検証のコストは最もコスト高な操作であるため。
    • 1ブロックに含めることができるsiopsの数の制限がないと、非常に多くのsiopsを持つトランザクションを作ることで、ブロックの検証に非常に長い時間かかるブロックを作ることができ、簡単にDoS攻撃が可能になる。
  • 今回のバグ完全に理解した
  • 安土さんが先ほどの翻訳をしてくださってる!
  • mempool上だけsigops(検証作業回数に制限をかける変数)が、OP_CHECKDATASIGがカウントされないため過小評価され、いざブロックに取り込まれるとsigopsが多すぎて無効なブロックとなり、じゃあ空ブロック生成したろ! とマイナーが動いてしまった、ということか?
  • 安土氏による概要説明です。 とてもわかりやすい!
  • なるほどザワールド!
  • Ethereum風にいうと out of gas

※こちらの機能を利用するにはTwitterのアカウントが必要です。

ツイッターのトレンドを絶対に逃したくない人へ!
 スマホのホーム画面に「ビットトレンド」を追加しよう!
 みんなが支持する仮想通貨ツイッターアカウントランキング!

“ビットトレンド”をスマホのホーム画面に追加しよう

  •  トレンドに乗り遅れない!
  •  楽しい話題を見逃さない!
  •  毎日、新しい発見と出会える!